自家用車について

私は若い頃に車の修理の仕事をしていたことがあります。そのためか車はいつでも直すことができる、と考えているせいか本当に悪くなるまでは直さなかったものです。

そんなこともあり今回は、インターネットで評価の低い車をあえて落札してそれを直しながら乗っています。それでも車が納車されたときは、いや失敗したと思うくらいなものでした。でも車検も一回でクリアできたし、外観も良くなってきています。

そんな経験をしていると車は手をかければかけるほど良くなるということだと思えてなりません。まだまだ手をかけなければいけないところがたくさんありますが、少しずつ時間をかけてゆっくりと直していきたいと思います。

そして完全に直ったら、またインターネットで市場に出したいとおもいます。

車の買取業者がやっているようなことをやっているのかもしれませんね。私は車を修理することが好きなので一種の趣味のようなものです。これからも同じようにボロボロの車を買って綺麗に直していきたいと思います。少しエコ心があるのかもしれないですね。

車が綺麗に治っていくのを見ているのが気持ちよくて貯まりません。また綺麗になったのを人に買ってもらえるとすごく嬉しいです。というのも私が綺麗にした車が認められたような気がしますし、捨てられるだけだった車たちが蘇っていくのも嬉しいんです。

結構いい趣味になっています。

コメントを残す