参考サイト

車に関する色んな情報を調べている中で見つけたサイトですが、車買取に関するサイトです。これまで車のライフサイクルで値段についてあまり考えたことがなかったのですが、このご時世ですから経済的にカーライフを送ることもある程度考慮していく必要があるかと思います。そんな中でこのサイトは非常に役に立ちましたので紹介します。

私の乗る車

私が現在乗っている車はトヨタのラクティスの黒です。私は趣味で釣りをしており、より快適に趣味を楽しむために、社会人になってからこのラクティスを購入しました。

人生最初の一台は、安さと荷物の収容能力に重きを置き選びました。ラクティスは両方の条件を満たしており、満足して乗っています。しかし、人間という生き物は欲が次々湧いてくるもので、車を購入し乗るようになってから突然、他人の乗る車がかっこ良く見えてきたりするのです。

もっとカッコイイ車に乗りたい。この気持ちは一度思えば消えることはありません。まだかなり先の話ではありますが、次に乗り換えるときは、SUV車に乗りたいという思いがあります。これを目標に、今は来る日に備えてコツコツ貯金をしています。

何時のことになるのやらってかんじですが、考えているだけで楽しいのです。だから車が大好きです。釣りと車が止められません。

まあ辞める必要もないのですが、お金のことが心配ではあります。これから他のことにためにも貯金は必要な気もしますが、趣味以外の貯金はこれまでしたことがありません。

そんなことを書いているとスポーツカーにも乗りたくなってきました。実はスポーツカーは小さい頃からのあこがれでもあります。釣りがしにくいのと、高額なので少し先延ばしにしていますが、今後絶対に達成したい目標です。

自動車離れ?若者離れ?

最近の自動車業界は若者のクルマ離れを危惧し色々と対策を行ったり車両を投入したりと後手後手では有りますがアピールを行っています。私が免許取得してから10年前後が経ちますが確かに業界はこの間に良い意味でも悪い意味でも変化してきました。

販売車種だけを見てもセダンやクーペはほぼ皆無。ディーラーさんに赴けばコンパクトカーやミニバンがこれまでそれらの車両が陣取っていた場所に置かれお客様をお迎えする形に。なぜこのような状態になってしまったのか?

理由は簡単、そういう車種が売れるから。誰だって売れるものを売りたいし売れないものは置いておきたくない当然です。現在の経済状況を見ればそういう合理性は正しいのかもしれません。しかし皆さん思い出してみてください。幼いころ沿道沿いでみたショーウインドウ内に置いてあったクルマたちのかっこ良さ。あれに憧れていた自分たちを。最近のお店にそれがあったでしょうか?

私は無かったのではないかと思います。若者のクルマ離れだとか、消費の低迷だとか言いますが、良い物がなければ財布や緩めないというのは若者であろうとそうでなかろうと変わらないのではないかなと感じます。もしかしたら、離れていたのは若者や顧客ではなく自動車メーカーさんの方なのかもしれませんね。

 

愛車の車検をしてきました

この前、私が乗っている車の車検がありました。二年ごとに車検はやっていますが、もう車検の時期がやってきたのかぁと思うと、二年なんてあっという間なんですね。

私は普段車の点検はやっていません。いつも車検の時に、直せるものは直してもらって整備士さんに任せてやってもらっています。

今回はあまり取り替える部品もなくて、取り替えたのは、エンジンオイルとエアコンフィルターなどです。

午前中に車を預けに行って、夕方には終わると言うことだったので、その間は代車を借りました。代車を借りている間に、買い物などを済ませてきました。買い物をしていたらあっという間に車検も終わりました。

知り合いがそこで働いているので値引きをしてもらいました。値段は約七万円で済みました。思ったよりも安く済んで良かったです。来年は旦那の車が車検なので、またお金を貯めておきたいです。

車に関するお金って意外と高くつきますよね。新車の購入価格だけでなく、それ以降の消耗品やガソリンなどの維持費についてもしっかり把握しながら生活しておかないととんでもないことになることがあります。

特に車検などはその一つで、予想外の出費になることもあります。購入から維持費、そしてその後の車の買取までの一連の流れを考慮して車のライフサイクルを考えていくことがすごく重要だなーと感じています。

というのも旦那の車の維持費がすごく高いんですよね。私の方の車は経済的なのですが、旦那の車が金食い虫です。まあそういう車がすきなのでしょうがないのかもしれませんが、私の方で経済的になるようにコントロールも必要なのかなと色々考えているところです。

自家用車について

私は若い頃に車の修理の仕事をしていたことがあります。そのためか車はいつでも直すことができる、と考えているせいか本当に悪くなるまでは直さなかったものです。

そんなこともあり今回は、インターネットで評価の低い車をあえて落札してそれを直しながら乗っています。それでも車が納車されたときは、いや失敗したと思うくらいなものでした。でも車検も一回でクリアできたし、外観も良くなってきています。

そんな経験をしていると車は手をかければかけるほど良くなるということだと思えてなりません。まだまだ手をかけなければいけないところがたくさんありますが、少しずつ時間をかけてゆっくりと直していきたいと思います。

そして完全に直ったら、またインターネットで市場に出したいとおもいます。

車の買取業者がやっているようなことをやっているのかもしれませんね。私は車を修理することが好きなので一種の趣味のようなものです。これからも同じようにボロボロの車を買って綺麗に直していきたいと思います。少しエコ心があるのかもしれないですね。

車が綺麗に治っていくのを見ているのが気持ちよくて貯まりません。また綺麗になったのを人に買ってもらえるとすごく嬉しいです。というのも私が綺麗にした車が認められたような気がしますし、捨てられるだけだった車たちが蘇っていくのも嬉しいんです。

結構いい趣味になっています。

MT車に気付かされたこと

私はMT車が好きで、最近までAT車を乗っていましたが意を決して買い替えました。CVTやエコカー、電気自動車が増えてきましたので、今度買い替える時はほとんどMT車がないかもしれないと感じ決断しました。

実際、思っていた通り現在でも、選べる車種は限定されてしまいまいました。軽自動車はけっこう種類があると思っていましたが、今まであった車種でも生産終了が多くありました。その上、バンや商用車を抜かすと、新車は片手に数えられるほどでした。そんな選択肢の少ない中でも、選んだ車は可愛くてしかたがありませんでした。久しぶりのクラッチに足が少し筋肉痛になったのもうれしかったです。

MT車に乗ってよかったのは、信号の待ち時間にゆったりとした気持ちでいられるようになったからです。信号が青になってから発進する。ゆっくりと交差点を曲がる。車と会話をするように走らせる。いつもの通勤時間が、楽しくなりました。自分の運転次第で、ガソリンの消費量がかわってきます。小さな傾斜にも気を配るようになりました。MT車が、心のエコに気づかせてくれました。

MTにすることによってこんなにも感じ方が違うのかと今更ながら驚かされています。見る景色や気分の持ち方が違うんですよね。今後もMT車はずっと販売していて欲しいですが、どうなるかわからないので今回の車に関しては大事に乗って行きたいと思います。

古い方の車は買取査定に出しました。一括査定を利用して買取業者に出張査定をしてもらいました。意外と高く売れてMT車を安く買うことができたので嬉しかったです。一括査定って効率的でいいなと思いました。

車のドライブのお伴

休みの日は、ちょっと離れたカフェまでドライブして、ランチするのが私の楽しみ。近所には気の効いたカフェがあんまりないので、隣の市、気が向けばさらに隣の市までドライブする。

そんな私のドライブのBGMは洋楽。コンピレーションアルバムが好きなので、ドラマの主題歌とか、CMの曲とか、聞きなれた洋楽を聞きながら運転する。カーペンタースやA

BAなんかもいい。飛ばしたい気分の時はB’z(歳がばれるね)。むしゃくしゃしたことがあった時や気分がもやもやしているときは、ロックをガンガンかけて大声で歌いながら走る。ちょうど海沿いを走るから、光る海を横目に見ながら鼻歌歌って走るのが何より楽しい。

途中でコンビニに寄ってコーヒーを買うのもいい。普段はコンビニでコーヒーを買おうとはあまり思わないけど、ドライブの時は無性にコーヒーが飲みたくなる。最近はコンビニのコーヒーも進化して、カフェ並みの商品をそろえているから、ドライブの度にいろんな味を試したくなるのよね。

運転しはじめて気づいたけど、車って自分の部屋みたいなものだ。自分だけの空間で、無心になって運転できるって至福の時だな、と思う。少々歌が下手でも、少しくらいコーヒーをこぼしても、文句言う人はいないしね。

次の休みはどこに行こう。それを楽しみに仕事がんばれそう。